臥龍山 安養院

臥龍山 安養院は、平安時代に天台宗第三世慈覚大師によって開かれた由緒ある寺院です。
中興開山は唱岳長音木喰上人と申し上げます。
寛永元年(1624年)に再建され、金色八尺の寝釈迦様 (涅槃像)を安置供養されました。
その像を御本尊としたことで、「寝釈迦寺」と呼ばれ、江戸の昔より長寿とぽっくり信仰で賑わっています。
当山の檀祖は義士で有名な赤穂浅野公の本家、芸州藩主浅野綱晟公の室で八代姫と仰せられます。
出家して当山に止まり、安祥として極楽に往生されました。暫くして、中国の帰化僧獨湛が当山に逗留し、宝永2年現在の
山門に掲げられた『安養院』の扁額を製作しました。
『江戸名所図会』にも登場し、境内に多くの石仏たちが花々の中で祀られている様子は、荘厳広大な往時を偲ぶよすがとなっています。
そしてこの度、時代、時代を見守り続けた安養院は、さらなる未来を見据えて新本堂を建立。
新たな寺院へと進化いたしました。

  • 江戸時代建立の山門は奇跡的に戦火を免れ、今も静かに人々を迎えています。
    金色に輝く安養院の扁額の文字は、中国からの帰化僧、獨湛の手によるものです。

  • 山門をくぐると右手に姿を現すのが、安養院観音堂です。 約四百五十年前に栃木市、定願寺より寄進されたもので、その歴史を守るため、大切に手入れを行なっています。
  • 当院は、お釈迦様のお寺として、花祭り・寝釈迦祭り・ウスサマ明王会等を執り行い、皆様に親しまれるお寺となっております。 どなた様もご自由にご参加いただけますので、ぜひ一度お越しください。

  • 安養院境内の歴史ある山門は貫禄のある佇まいで人々を迎え入れ、さらに山門を抜けると、檀祖である「称専院殿様」(八代姫)の五輪塔や、 弥勒大仏、狛犬などの石像が心に安らぎを与えてくれます。